よくあるご質問
公開に向け、準備中です。

カテゴリー

よくみられているご質問

親和葬祭に寄せられるよくあるご質問をご紹介します。
「ご愁傷様です」という言葉の意味は? メールで使っても失礼にはあたらないですか?

「この度はご愁傷様です」はメールで使用しても失礼にはあたりません。書き言葉としてふさわしく感じないようであれば、「謹んで哀悼の意を表します」に代えてみてはいかがでしょうか。

「ご愁傷様」とは「嘆き悲しむ」「傷をうれえる(心配する)」という意味の「愁傷(しゅうしょう)」に「ご~様」という敬意表現がついたお悔やみの言葉です。

「この度はご愁傷様です(でした)」は、直接弔意を示すことができて、年齢を問わず失礼にあたらない表現です。
涅槃(ねはん)とは何ですか?

煩悩の火が消え、人間が持っている本能から解放され、心の安らぎを得た状態のことを指します。
仏教が理想とする「悟り」の境地であり、実際には「死」を表す言葉でもあります。
親にもしものことがあったとき、近親者にはどの範囲まで知らせればよろしいでしょうか?

危篤や臨終を告げられたら、近親者に連絡します。一般的に三親等の範囲が目安となります。一親等は両親や子ども、配偶者の父母で、二親等は祖父母や孫、兄弟姉妹、配偶者の兄弟姉妹、三親等は伯父・伯母・甥・姪・曾孫です。遠方の親族には移動の都合も考え、優先して連絡します。
家族葬の場合、ご近所への対応や連絡はどうしたらよいでしょうか?

ご家族などの近親者だけで静かに執り行うにしても、ご近所の方には一言お伝えしておくべきでしょう。
普段からお世話になっているご家庭には直接ご挨拶を。

「家族葬」であることを述べ、参列や弔問、お香典、弔電などお断りする旨を明確に伝えましょう。
ご葬儀後に、葬儀を済ませた報告などを兼ねて、書面あるいは訪問にてご挨拶するとより丁寧な対応となります。
家族葬の場合、ご近所への対応や連絡はどうしたらよいでしょうか?

ご家族などの近親者だけで静かに執り行うにしても、ご近所の方には一言お伝えしておくべきでしょう。
普段からお世話になっているご家庭には直接ご挨拶を。

「家族葬」であることを述べ、参列や弔問、お香典、弔電などお断りする旨を明確に伝えましょう。
ご葬儀後に、葬儀を済ませた報告などを兼ねて、書面あるいは訪問にてご挨拶するとより丁寧な対応となります。